メンタルナビ

うつ病・うつ状態

うつ病・うつ状態

心療内科や精神科でもっとも多い疾患のひとつです。

 

本来のうつ病は、「制止」といって脳の働きが鈍くなることで思考力や判断力が低下し、これまで普通に出来ていた生活、家事、育児、仕事が出来なくなる病気です。この結果、落ち込み、意欲低下、疲れやすさ、だるさ、焦りが起こり、不眠や食欲減退など生体エネルギーも低下します。真面目で責任感・義務感の強い人に多く、環境に無理して適応しようとしたり、自分を責める傾向も特徴です。充分な休養と抗うつ薬による薬物療法が治療の基本です。

 

現代社会において、多くの人が職場や家庭での人間関係の悩みを抱えており、ストレスや緊張の高い状態が続くことによって、うつ状態を引き起こすことがあります。この場合、先述の「制止」や「落ち込み」よりも、「意欲や気力の低下」が目立つ傾向があります。思考力や活動性はあまり低下せず通常の生活を送ることができる人もいます。この場合も充分な休養と薬物療法が治療の基本ですが、環境や本人の性格が症状に大きく影響するため、環境調整や生活指導が必要なこともあります。

前者の「うつ病」より、後者の「うつ状態」の方が圧倒的に多い印象です。

 

うつ病・うつ状態は「トンネル」と同じです。生きていれば何度か遭遇しますが心配は要りません、必ず出口があります。大事なことは、その「トンネル」が「どのくらいの長さ」で、「自分がどの辺りを歩いているか」を知ることです。「自分の位置」を知るだけでも不安やうつ気分がかなり解消されると思います。いってみれば、うつの治療とは、その「トンネル」を短くする作業です。

うつ病・うつ状態は治療により数ヶ月の経過で回復しますが、長引くこともあるため焦らずゆっくり静養することが大切です。回復後も再発することがあるため予防的に薬物療法を継続することを勧めています。これを予防療法、維持療法と呼びます。

 

うつは、「脳の過労状態」とも考えることができます。

運動後の筋肉疲労は数日で回復しますが、脳の疲労は回復まで数ヶ月を要します。その回復を促進する目的で休養を取り、抗うつ薬を服用するのです。

不安障害

不安障害

「不安」とは「対象のない漠然とした恐怖心」を意味し、「怖いけど何が怖いか分からない」という苦痛の強い症状です。

不安は不安障害に限らず、あらゆる精神疾患に認められるもっとも多い症状のひとつです。

不安障害には以下のような種類があります。

 

  • 全般性不安障害~ 不安や心配が頭から離れない、常におびえ緊張している
  • パニック障害~  突然、息苦しくなり、動悸、冷や汗、しびれ、意識が遠のく
  • 強迫性障害~   戸締り、ガスの元栓、車のドアロックが気になり何度も確認する
  • 解離性障害~   強いストレスや葛藤から、喋られない、手足が動かせない、記憶をなくす、人格が代わる
  • 社交不安障害~  スーパー、駅など人混みが怖く外出できない
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)~ 過去のトラウマからフラッシュバック(不安、うつ、脱力、動悸など)を起こす
  • 身体化障害~   不安、緊張、ストレスから身体症状(頭痛、めまい、吐き気、下痢)が生じる 
  • 心気障害~    身体症状を過度に心配し医者巡りをする、「異常なし」と言われ余計不安になる
  • 恐怖症~     対人恐怖、自己臭恐怖、高所恐怖、閉所恐怖、不潔恐怖など

 

抗不安薬、抗うつ薬、睡眠補助薬などを症状に応じて使い分け、苦痛を緩和させます。

生来の性格や幼少時の体験が関係していることもあって長期化することもありますが、根気強く治療を続けることが大切です。

近年、パニック障害、強迫性障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの不安障害に抗うつ薬(SSRI)が適応認可されました。

睡眠障害(不眠症)

睡眠障害(不眠症)

不眠は、睡眠障害(不眠症)のほか、あらゆる精神疾患に認められるもっとも多い症状です。 これはいくつかの不眠パターンに分類されます。

 

  • 入眠困難~布団に入ってもなかなか寝付けない
  • 中途覚醒~夜中に何度も目覚めてしまう
  • 早朝覚醒~早朝(3時、4時)に目覚め、その後眠れない
  • 熟眠困難~全体に眠りが浅く、日中寝不足となる

 

生活指導とともに上記不眠パターンに合わせた睡眠導入薬を利用します。

精神疾患や身体疾患の症状として不眠が出現することもあり、この場合は主疾患の治療を優先します。

統合失調症

統合失調症

統合失調症とは成人早期に始まり、急性期の幻覚・妄想などの感覚過敏症状や慢性期の意欲や感情表出の低下などを特徴とする脳の病気です。

精神疾患の啓発による早期発見や薬物治療の進歩により慢性期への移行や重症化が減り、社会復帰可能な病気に近づきつつあります。薬物療法、疾病教育、心理社会的アプローチ、精神科リハビリなどの治療を組み合わせます。

双極性障害(躁うつ病)

双極性障害(躁うつ病)

病的な気分上昇(躁)と気分下降(うつ)を繰り返す病気です。

これには、「躁」と「うつ」を繰り返す1型と、「軽躁」と「うつ」を繰り返す2型があります。

1型の「躁状態」は、入院による行動制限や刺激遮断が必要なことが多いため、外来クリニックでは治療困難です。

2型の「軽躁状態」は見逃されやすく、「うつ病」と診断され抗うつ薬でなかなか改善せず長期化することがあります。

「躁状態」「うつ状態」ともに気分安定薬、抗躁薬、抗精神病薬などの薬物治療が中心となりますが、再発することが多く寛解後の予防療法がとても大切です。ちなみに双極性障害の「うつ状態」に抗うつ薬はあまり反応しません。

アルコール依存症

アルコール依存症

アルコール依存症とは、「病的飲酒欲求」と「飲酒コントロール喪失」を特徴とする脳の病気です。

「病的飲酒欲求」とは、アルコールを飲みたいという気持ち(飲酒欲求)が病的なほど強いため理性で抑えることができず、飲んではいけない状況、時間、健康状態でもつい飲んでしまいます。

 

一度アルコールを口にすると「飲酒コントロール喪失」というブレーキの故障により飲み続けの状態となり、最後は飲酒中心の生活になってしまいます。

 

この結果、無断欠勤、酒気帯び勤務、仕事中のミスや事故、離職などの社会不適応や、別居、離婚などの家庭不和、肝硬変、慢性膵炎などの健康障害を引き起こします。社会生活、家庭生活、身体的健康を脅かす非常に裾野の広い怖い病気です。

 

他の依存症(ギャンブル、買い物、薬物)もそうですが完治するものではなく、治療により心身を回復させ、自身をコントロールする病気です。高血圧や糖尿病などの生活習慣病と同様、うまくコントロールすればまったく支障(合併症)なく生活が送れます。しかし再発(再飲酒)することもあるため、長期にわたる根気強いケアが必要です。

 

「飲めば様々な弊害や合併症で苦しむ」、「飲まなければ普通に生活できる」という観点から、アルコール依存症をアルコールに対するアレルギー体質(アルコールアレルギー)と例えることもできます。

 

定期通院と薬物療法、教育プログラム、自助グループへの参加などで回復への支援をします。現在、断酒補助薬として、アルコールが飲めなくなる薬、飲酒欲求を抑制する薬などがあります。

認知症(アルツハイマー型認知症)

認知症(アルツハイマー型認知症)

「同じ話を何度もする」、「食べたことを忘れ二度食いする」、「時間、場所が分からなくなる」、「炊事、洗濯がきちんとできなくなった」などが認知症の記憶障害、認知機能障害、見当識障害から起こる中核症状です。次第に日常生活が困難となり、本人も落ち込み、イライラや焦りが募り、家族との衝突も増えます。二次的に妄想、興奮、不機嫌、徘徊、不眠などの精神症状や行動異常が出現することもあります。

 

認知症は年単位でゆっくりと進行するため完治はありませんが、抗認知症薬(認知症の進行を抑制する薬)を利用して家族の介護負担の軽減を図ることもあります。精神症状や行動異常が出現した場合は、環境調整や少量の抗精神病薬などにより症状の緩和を目指します。

 

認知症には、上記アルツハイマー型認知症のほか、幻視やパーキンソン症状などが先行するレビー小体型認知症、脳出血・脳梗塞後の脳血管性認知症、性格変化から始まる前頭側頭型認知症などがあります。

発達障害(自閉スペクトラム症)

発達障害(自閉スペクトラム症)

発達障害は、生まれつきの脳の機能障害と定義されていますが、「(脳の)発達アンバランス障害」と解釈することもできます。発達障害には、アスペルガー症候群、注意欠陥多動症(ADHD)などがあります。

 

アスペルガー症候群は、言語機能や記憶力や機械的作業能力が高い反面、場の空気を読んで行動する、相手の感情を汲んだり共感する、環境の変化に柔軟に対応する、などが苦手です。言語性機能と動作性機能の開きが大きい(言語性優位)、敏感さと鈍感さが共存する、などの特徴もあります。知能や言語機能の遅れはないものの、社会性に乏しく、コミュニケーションや対人関係が不得手なため、学校では、いじめられたり、からかわれたりすることが多く、成人し社会に出ると、孤立したり対人関係でつまずいて、二次的に、うつ、不安、不眠を呈することがあります。対症的に薬物療法を実施することもあります。

 

注意欠陥多動症(ADHD)は、「多動」、「不注意」、「衝動性」を主症状とする発達障害です。成長に伴い「多動」は目立たなくなる傾向がありますが、「不注意」「衝動性」による家庭や職場での様々な困難や苦悩があります。近年、この注意欠陥多動症(ADHD)の症状を緩和させる薬が開発されました。

 

アスペルガー症候群が統合失調症、うつ病と診断されたり、注意欠陥多動症(ADHD)が双極性障害、うつ病と診断されたりと、発達障害は他の精神疾患と見誤られることが多いのも特徴です。

月経前症候群(PMS)・月経前気分不快障害(PMDD)

月経前症候群(PMS)・月経前気分不快障害(PMDD)

月経前の1~2週間に生じる心身の不調を月経前症候群(PMS)といいます。精神症状として、イライラ、抑うつ、不安、情緒不安定、集中力低下、過眠などがあり、身体症状として頭痛、倦怠感、過食、便秘、腹満感、むくみなどがあります。症状はとても多彩で個人差がありますが、月経周期と連動して増悪・軽減するのが特徴です。

 

月経前症候群(PMS)のなかで精神症状が強く家庭生活や仕事に支障を来すものを月経前気分不快障害(PMDD)といいます。感情の起伏が激しく、怒りや攻撃性を抑えられず家族との衝突を繰り返す場合は、薬物にて治療や予防することもあります。

上に戻る